DENHAMというデニムブランド

最近、久しぶりにデニムを買いました。
時代の変遷や自分の中のトレンドに合わせて、デニムの好みも変化しており、
・ファッション初心者の頃:GAP
・ファッションに目覚め始めた頃:ヌーディージーンズ
・ちょうど流行っていた:APC(ニュースタンダード)
・アメリカ靴による(個人的な)アメカジブーム:フルカウント

デニムに関しては上記のような変遷を経ています。
社会人2年目になってからは好みがイタリア寄りになってきており、Drumohr(ドルモア)のニットやINCOTEX(インコテックス)、PT01(ピーティーゼロウーノ)を買うように。
デニムも綿100%以外あり得ないと思っていましたが、イタリアブランドはポリ混が多く気づけばポリ混への偏見も薄れ、SIVIGLIA(シビリア)やJACOB COHEN(ヤコブコーエン)に興味を持つようになりました。

その延長線で最近お気に入りのデニムブランドがDENHAM(デンハム)です。
デンハムはオランダのアムステルダムで誕生したブランドで、イギリス人のジェイソン・デンハムによって設立されました。

デンハムはテーラーのハサミが目印になっています。
以前和風総本家でハサミの特集があった際に、総火造りという製法で作られた日本のハサミが紹介されそのハサミをジェイソン・デンハムさんが実際に使っていました。
バターを切るように軽く切れると言っていましたが、いちテーラーとしてハサミは欠かせない道具のようでした。(だからハサミがロゴマークなんですかね。)

デンハムのデニムは比較的細身のものが多いですが、シルエットが非常に綺麗です。
また細部へのこだわりが詰まっており、所有している人の満足感を刺激します。


穿いている人しかわからないですが、デニムの内側にわざわざ『DENHAM』と刺繍してあったり、袋布にもプリントがある徹底ぶりに驚かされます。


バックポケットにはハサミの刺繍があり、目立たないですがこの刺繍も非常に気に入っています。
この刺繍は691針で制作されているそうで、こんなところにも手を抜かない姿勢を感じます。


またレザー製のパッチがついており、黒パッチだと洗い加工済み、白パッチだとノンウォッシュ仕様のようです。


僕の所有しているDENHAMのデニムはいずれも『Candiani(カンディアーニ)社』の生地を使用したデニムです。
カンディアーニは1938年設立のイタリアの名門生地メーカーで、ヨーロッパの中では一番大きなデニム製造工場を使っているそうです。

デンハムはあまりUSEDでは出てこないブランドなので、もし気になった方は本店である代官山や、最近新しくできたマリン&ウォーク横浜店に行ってみることをおすすめします。

細身のデニムであればあるほど、ポリ混デニムの快適さが際立ちますね。
昔APCの細身デニムをサイズピッタリで穿いていたら、あれは綿100%なので固くてしゃがめませんでした…。

kaya shu

最近温泉が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿